2016.01.12 Tuesday 08:04

NHK あさいち 『スゴ技Q 肩こり・腰痛を解消!40代からの脊柱起立筋トレーニング』 佐野みほろ先生

1月12日のあさいちで日本医科大学の整形外科医、佐野みほろ先生が『脊柱起立筋』についてお話されました。

脊柱起立筋は、背筋の一部で、(番組内でのQ1の答え:特に背中から腰で良くわかる!)姿勢を保持する働きをしている筋肉。
ということでこの筋肉が弱ると、腰痛になったり、肩こりになったりすると言われてます。

年末の大掃除や食器洗いで腰痛、のんびり過ごしたのに肩こりがあるのではというタイプのひとは
「脊柱起立筋」が弱まっているのかもせいかもしれません。

そこで、ポイントは肩こりと腰痛解消のためのトレーニング。らくらくトレーニングということで以下の紹介がされました。

百貨店のスタッフさんが実践している『おじぎ』。
特に肩の力を抜いてお尻を締めて(番組内のQ2の答え:お腹を意識して曲げる)おじぎをします。
つまり股関節から曲げるのです!!! ←これがとっても大事です。
この時におへそが床にむく感じで腿やふくらはぎの裏がつっぱる感覚が大切です。
これは『食器洗いの場面』でつかえます。

で、それを正しくできるために『かさ』をせなかに当てておじぎをしたり、重ねてスクワットをするといいです。
(10回を1セットで2セット以上)

続いてバレーダンサーの小山先生が教えてくれた『うつぶせで手を前にだして顔と胸をちょっと浮かす』。
このときに安全にする(番組内のQ3の答え:骨盤の下に枕を入れる)ために丁寧にゆっくりやることが大事です。
胸と床が並行になればok!です。

手の位置が肝心でまっすぐ手を伸ばすとかなり負荷がかかりますのでご注意ください。
(5秒を4回)
また肘を90度にして肩甲骨同士を近づけてやると『肩こりの防止』になります。

最後にストレッチの紹介がありました。

椅子に座ってできるので誰でもできますね。基本、背中を丸めればok!その時に背中でなくご自身の手で椅子を近づけるように
してください。おへそを覗き込む感じです。(15秒を2回以上)

脊柱起立筋の役割は身体の安定のために色々な場面で大活躍しています。

私も個人的に施術上、大切なポイントにしてます。

慢性的に肩こり・腰痛でお悩みの方、
ぜひ一度エーライフ神谷町プラスにご相談ください。
http://www.alife-kamiyacho-plus.com/

 
  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.